最新情報

2017_02_Suburb.pngbanner_2016_09_kyouyou.pngnambara.png

トピックス

書評・紹介

フェア・イベント

お知らせ


サポート情報(訂正情報・付録資料)

書評掲載書

『フェミニストたちの政治史』が4/23「読売新聞」で紹介

「痛み伴う試行錯誤――各国の社会における女性運動の試行錯誤の歴史を,鋭い痛みとともに詳細に振り返っている.〔…〕けれど,そのような痛みが隠されてきた日本社会を思う時,著者の労作が世に問われることに改めて意義深さを感じるのだ」(三浦瑠麗氏・東京大学講師) (続きを読む…)

『分裂病と人類』が4/16「産経新聞」で紹介

「強迫的な社会の息苦しさ――畏怖すべき著書だと思う.みずからのうちに『失調すれば分裂病となるもの』の種子を感じている精神科医が『恐ろしいこと』を旋律的な感情とともに始めてしまった.いくら歴史の井戸を掘っても,底には着かない (続きを読む…)

『市民を雇わない国家』が4/8「日本経済新聞」で紹介

「日本の官僚,公務員の質は/行政サービスは効率的か――〔日本の公務員数は諸外国に比して多いのか少ないのか〕はたしてどちらが正しいのか.この疑問に正面から答えるのが前田健太郎著『市民を雇わない国家』である.〔…〕ここでの論点は,公務員数が相対的に少ないとしても,それはただちに行政の効率性の高さを意味するわけではないという厄介な現実があることである」(真渕勝氏・立命館大学教授) (続きを読む…)

『安達峰一郎』が4/9「毎日新聞」で紹介

「語学と国際法の識見を武器に――第一次大戦後の日本は,国際連盟の常任理事国の一員となった.その日本が1920年代を通じ,理事国として期待された役割をどうにか果たしえた背景に,流暢なフランス語と緻密な国際法の識見を武器に連盟を切り盛りした安達の存在のあったことが,本書を読んで腑に落ちた」(加藤陽子氏・東京大学教授) (続きを読む…)

『現代日本の官僚制』が「週刊ダイヤモンド」4/8号で紹介

「なぜ行政は信頼されないのか 官僚制を冷静に分析した良書――本書の冷静な分析は,政治や行政を真摯に考える者を,大いに益するだろう」(玉井克哉氏:東京大学教授・信州大学教授) (続きを読む…)

最新刊

時がつくる建築
加藤 耕一
税込3888円/ 本体3600円
(詳しく見る…)
大日本史料
大日本史料 第十二編之六十一

東京大学史料編纂所 編纂
税込8856円/ 本体8200円
(詳しく見る…)
立法と事務の明治維新
湯川 文彦
税込9504円/ 本体8800円
(詳しく見る…)
自治体現場の法適用
平田 彩子
税込5184円/ 本体4800円
(詳しく見る…)
ドイツと東アジア 一八九〇−一九四五
田嶋 信雄 編, 工藤 章 編
税込15120円/ 本体14000円
(詳しく見る…)
アイドル/メディア論講義
西 兼志
税込2700円/ 本体2500円
(詳しく見る…)
現代中国の医療行政
金 貝
税込10368円/ 本体9600円
(詳しく見る…)
ライフスタイルの社会学
小林 盾
税込4104円/ 本体3800円
(詳しく見る…)
戦後日本の歴史認識
五百旗頭 薫 編, 小宮 一夫 編, 細谷 雄一 編, 宮城 大蔵 編, 東京財団政治外交検証研究会 編
税込3024円/ 本体2800円
(詳しく見る…)
東大がつくった高齢社会の教科書
東京大学高齢社会総合研究機構 編著
税込1944円/ 本体1800円
(詳しく見る…)
全部見る »