• 南原賞

●お知らせ

●書籍検索

●最新刊

UP 2018-10

UP 2018-10

税込108円/ 本体100円

(詳しくみる・・・)

UP 2018-09

UP 2018-09

税込108円/ 本体100円

(詳しくみる・・・)

●書評掲載書

久世濃子『オランウータン』が10/14「信濃毎日新聞」で紹介

久世濃子『オランウータン』が10/14「信濃毎日新聞」で紹介


久世濃子『オランウータン』が10/14「信濃毎日新聞」で紹介されました.
「オランウータンは基本的に群れをつくらず,単独生活を送る〔…〕少子,個人主義のスローな生活者である〔…〕今やボルネオとスマトラにしか生息しない『森の哲人』の生態を紹介する研究書」

小坂井敏晶『神の亡霊』が10/15「公明新聞」で紹介

小坂井敏晶『神の亡霊』が10/15「公明新聞」で紹介


小坂井敏晶『神の亡霊』が10/15「公明新聞」で紹介されました.評者は小川仁志氏(山口大学准教授・公共哲学).
「この世の虚構に気づけるか――どんな哲学書よりも考えさせられる哲学の本だといっていい〔…〕擬制はそれが本当に存在しないことをわかっているのに対して,虚構の場合,自らもそれが存在しないことに気づいていない点が違いだという.だからこそ,それを暴こうとした本書には大きな意義があるのだろう」

久世濃子『オランウータン』が10/13「朝日新聞」で紹介

久世濃子『オランウータン』が10/13「朝日新聞」で紹介


久世濃子『オランウータン』が10/13「朝日新聞」で紹介されました.
評者は保阪正康氏(ノンフィクション作家).
「「孤育て」の生態を丹念に観察――著者によると,オランウータンは「究極の『少子社会』を築きあげた種」というが,これほど子供を一頭ずつ大切に育てる動物は人間以外にいない〔…〕ボルネオ島の森林に入って追い続ける体験を通して,彼らは類人猿はもとより,哺乳類の中で「もっともゆっくりとした生活史」を獲得した種だと気づく」

川上清文『子どもたちは人が好き』が10/4「読売新聞」(夕刊)で紹介

川上清文『子どもたちは人が好き』が10/4「読売新聞」(夕刊)で紹介

川上清文『子どもたちは人が好き』が10/4「読売新聞」(夕刊)で紹介されました.
「幼児の対人関係 発達を分析――保育園での子どもたちの観察から,幼児期に対人関係がどう発達していくかを分析した〔…〕子どもたちの世界を生き生きと描き,保育や子育てにも役立つ読み物となっている」

久世濃子『オランウータン』が9/23「読売新聞」で紹介

久世濃子『オランウータン』が9/23「読売新聞」で紹介

久世濃子『オランウータン』が9/23「読売新聞」で紹介されました.評者は塚谷裕一氏(植物学者・東京大学教授).
「通読すれば,オランウータンのユニークな特性を知ることができ,また著者自身の成長も実感できる」

宇野重規『未来をはじめる』が書評サイトHONZで紹介

宇野重規『未来をはじめる』が書評サイトHONZで紹介


宇野重規『未来をはじめる』が書評サイトHONZで紹介されました.評者は村上浩氏.
http://honz.jp/articles/-/44943

「本書の魅力は分かり易さだけではない.著者は.政治思想史で重要な役割を果たした人物とその発想の根幹を解説していくことで,現代社会を取り巻くさまざまな社会問題を根本から考えるために必要な知恵を与えてくれる.さまざまな政治や人間関係から無縁ではいられない大人にも,多くの発見がある」