一神教とは何か 在庫僅少
税込6156円/本体5700円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

一神教とは何か 公共哲学からの問い

大貫 隆 編, 金泰昌 編, 黒住 真 ほか編
ISBN978-4-13-003205-6, 発売日:2006年03月中旬, 判型:A5, 482頁

内容紹介

世界宗教の中で,ユダヤ教・キリスト教・イスラム教は一神教といわれているが,果たしてそうなのか.日本において一神教的なものの系譜はどうなのか.現代世界の宗教をめぐる諸問題について,公共哲学の観点から,対話をくりひろげた知の饗宴.


主要目次

はじめに(宮本久雄)
発題I 新約聖書における神と自他(八木誠一)
発題II 旧約聖書の宗教はいかなる意味で「一神教的」であったのか(山我哲雄)
発題III 人間の淵(宮本久雄)
総合討論I(コーディネーター:金 泰昌)
発題IV 救済史の物語と神義論(大貫 隆)
発題V アウグスティヌスの神探求(加藤信明)
発題VI 唯一神と人格神(鶴岡賀雄)
発題VII 日本思想における「一神教的なもの」(黒住 真)
総合討論II(コーディネーター:金 泰昌)
発題VIII イスラーム政治思想における自と他(池内 恵)
発題IX シーア派少数派における神観と他者認識(菊地達也)
発展協議(コーディネーター:金 泰昌)
おわりに(金 泰昌)



分野別クイックジャンプ