ヨーロッパ文明批判序説 品切
税込7560円/本体7000円  


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

ヨーロッパ文明批判序説 植民地・共和国・オリエンタリズム

工藤 庸子
ISBN978-4-13-010092-2, 発売日:2003年04月下旬, 判型:A5, 496頁

内容紹介

光輝くキリスト教文明と,暗闇としてのイスラーム世界?いまなお揺るぎないヨーロッパのアイデンティティの淵源とは?ミシュレ,ユゴー,ルナン…近代の多様な言説の徹底した分析を通して,「ヨーロッパ」・「近代」に迫る比類なき挑戦の書.


主要目次

第I部 島と植民地
 1 1870年代の地球儀とポリネシア幻想
 2 「絶海の孤島」から「愛の楽園」まで
 3 黒人奴隷と植民地
 4 フランス共和国の奴隷制廃止派(アボリシオニスト)たち
第II部 言説としての共和国
 1 国境の修辞学――ミシュレの方へ
 2 「ナショナル・ヒストリー」から「国民文学」へ
    ――ヴィクトル・ユゴーを求めて
 3 共和国の辞典――ピエール・ラルースをめぐって
第III部 キリスト教と文明の意識
 1 知の領域としてのオリエント
 2 セム対アーリア
 3 記述されたイスラーム世界
 4 非宗教性(ライシテ)の時代のキリスト教


担当編集者から

 『ヨーロッパ文明批判序説』が,朝日新聞で書評されました.「文学と歴史学で綴る文化研究の模範−−あらゆる定説を徹底的に疑うところからはじめ,植民地,共和国,オリエンタリズムという三大テーマをめぐって近代ヨーロッパ文明を「批判」する視点を獲得しようとした本書の登場によって,わたしたちは,待望久しかった「地域文化研究」の模範をようやく手に入れたことになる.…」


分野別クイックジャンプ