死生学1 在庫あり
税込3024円/本体2800円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

死生学 1
死生学1 死生学とは何か

島薗 進 編, 竹内 整一 編
ISBN978-4-13-014121-5, 発売日:2008年05月中旬, 判型:A5, 280頁

内容紹介

死生学は新しい学問分野である――.今日,人びとは死を前にしてよりどころを喪失し,強い不安のなかにいる.そのような時代に死生学が果たすべき役割は大きく,また切実である.死生学の輪郭を明らかにするとともに,現代の死生観を多彩な執筆陣で探究する.


主要目次

I 死生学とは何か
1章 死生学とは何か――日本での形成過程を顧みて(島薗 進)
2章 死生学と生命倫理――「よい死」をめぐる言説を中心に(安藤泰至)
3章 生権力と死をめぐる言説(大谷いづみ)
4章 アメリカの死生観教育――その歴史と意義(カール・ベッカー)
5章 英国における死生学の展開――回顧と現状(グレニス・ハワース)
II 死の臨床をささえるもの
6章 生と死の時間――〈深層の時間〉への旅(広井良典)
7章 なぜ人は死に怯えるのだろうか(芹沢俊介)
8章 エリザベス・キューブラー・ロス
   ――その生と死が意味すること。(田口ランディ)
9章 「自分の死」を死ぬとは(大井 玄)
10章 死の臨床と死生観(竹内整一)


担当編集者から

誰しも「死んだらどうなるのだろう」と恐怖や不安を感じたりしたことがあるでしょうし,身近な人や親しい人が亡くなった経験をお持ちの方も多いことでしょう.しかし,人びとにとってこれだけ普遍的で切実な問題でありながら,従来,死については学問としてなかなか論じられてきませんでした.シリーズ『死生学』は新たな挑戦に向けての第一歩です.そして本書はその第1冊目です.ぜひ手にとっていただき,考えてみていただきたいと思います.



分野別クイックジャンプ