死生学3 ライフサイクルと死 在庫あり
税込3024円/本体2800円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

死生学 3
死生学3 ライフサイクルと死 

武川 正吾 編, 西平 直 編
ISBN978-4-13-014123-9, 発売日:2008年07月上旬, 判型:A5, 264頁

内容紹介

死と向きあうとき,死にゆく人びとへのケア,死別の悲しみへのケアがますます重要である.親しい人の死に直面し,また自らの死へ不安を抱え,人びとは日々生きてゆく.誕生以前や死後までもひろがるその人生のイメージを,生と死が織りなすライフサイクルの視点から考える.


主要目次

I ケアのいとなみ・死と向きあう社会
1章 生と死のの社会学(武川正吾)
2章 人命の特別を言わず/言う(立岩真也)
3章 ケアの現場――「相互行為」を見出す社会学(井口高志)
4章 死と親密圏(中筋由紀子)
5章 冥福観と福祉国家――スウェーデンと日本の共同墓(大岡頼光)
6章 共産主義と大量死――ソヴィエト連邦のばあい(副田義也)
II ライフサイクルの知恵
7章 ライフサイクルの二重性――逆説・反転・循環(西平 直)
8章 魂のケアと心のケア(横湯園子)
9章 たましいのイメージと循環するいのち(やまだようこ)
10章 死の遺伝子からみた未来(田沼靖一)
11章 シュタイナーのライフサイクル論――死後の生活も射程に入れて(今井重孝)


担当編集者から

シリーズ『死生学』第2回目の配本となります.
 本巻は主に社会学や心理学などの学問分野の執筆者によって構成されています.しかし,死生学となれば話は学問的専門的なものにとどまることなく,大きくひろがってゆきます.動物の死と人間の死,20世紀の大量死の問題,「たましい」とはどのように想像されているのか,細胞の死と個体の死について,などいずれも興味をそそるテーマが並びます.



分野別クイックジャンプ