死生学4 死と死後をめぐるイメージと文化 在庫あり
税込3024円/本体2800円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

死生学 4
死生学4 死と死後をめぐるイメージと文化 

小佐野 重利 編, 木下 直之 編
ISBN978-4-13-014124-6, 発売日:2008年09月中旬, 判型:A5, 242頁

内容紹介

不死への願い,死への恐怖から,人びとは死にまつわる豊かな形象文化を生み出し,死の文化的表現は美術作品にとどまらず祭礼や演劇,建造物などさまざまな領域にひろがっている.いくつもの時代や地域における事例をたどりながら,その意味と魅力をさぐる.


主要目次

はじめに
I 死と死後をめぐるかたちとイメージ
1章 言葉とイメージ――ダンテの地獄と源信の地獄(小佐野重利)
2章 ローマ帝政期の墓と市民の自己表現(パウル・ツァンカー)
3章 『往生要集』と近世小説――日本における「地獄」イメージの流布(長島弘明)
4章 東アジアにおける死屍・白骨表現――「六道絵」と「●髏幻戯図」(板倉聖哲)※●=骨+古
II 慰霊と追悼の文化と政治
5章 歌舞伎の慰霊――追善と襲名(古井戸秀夫)
6章 清正公考――死してのち木像と銅像を遺すことについて(木下直之)
7章 長崎平和公園――慰霊と平和祈念のはざまで(末廣眞由美)


担当編集者から

シリーズ『死生学』も第3回目の配本となります.
 本巻はイメージやかたちに表現された死という観点から死について考える巻です.したがってシリーズの他の巻と比べて,写真や絵画作品の図版が非常に多数出てきますので,視覚的にも楽しめる巻となっています.



分野別クイックジャンプ