疾病・開発・帝国医療 品切
税込5184円/本体4800円  


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

疾病・開発・帝国医療 アジアにおける病気と医療の歴史学

見市 雅俊 編, 斎藤 修 編, 脇村 孝平 編
ISBN978-4-13-021067-6, 発売日:2001年08月下旬, 判型:A5, 328頁

内容紹介

帝国主義の道具としての医療・公衆衛生や「開発」にともなう環境変化がもたらす疾病とその流行をいかなる文脈でとらえるか.疾病の流行や新たな医療・公衆衛生の導入が近代アジアにおける「社会」「文化」にいかに受容・対応され,どのような変化を強いたのかを歴史学の立場から検証し,近代アジアをとりまく重要な課題に新たな角度から迫る,画期的論集.


主要目次

第I部 領域と視角
 1章 病気と医療の世界史
    ――開発原病と帝国医療をめぐって(見市雅俊)
 2章 開発と疾病(斎藤修)
 3章 近代アジアにおける帝国主義と医療・公衆衛生(飯島渉・脇村孝平)
第II部 事例と比較
 4章 「衛生」という秩序(阿部安成)
 5章 前近代日本の死亡の季節変動(鬼頭宏)
 6章 乳児死亡問題の比較社会史(川越修)
 7章 アノフェレス・ファクターとヒューマン・ファクター
    ――植民地統治下のマラリア防遏:インドと台湾(脇村孝平)
 8章 近代日本の熱帯医学と開拓医学(飯島渉)
 9章 台湾における植民地医学の形成とその特質(劉士永)
 10章 細菌兵器と村落社会
    ――中国浙江省義烏市崇山村の事例(上田信)


担当編集者から

 国際的にもパイオニアの位置をしめる画期的な論文集です.アフリカ,アメリカ両大陸については,これまで欧米の歴史学者を中心に活発に研究がなされてきましたが,本書はいまだ未開拓の領域である「アジア」に焦点をあて,歴史人口学の知見を盛り込みながら分析を進めます.インド,中国,台湾,そして沖縄と縦横に駆け巡る本書の執筆陣の活躍をご堪能ください(TK).


分野別クイックジャンプ