歴史学のアクチュアリティ 在庫あり
税込3024円/本体2800円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

歴史学のアクチュアリティ 

歴史学研究会 編
ISBN978-4-13-023065-0, 発売日:2013年05月下旬, 判型:A5, 280頁

内容紹介

現代社会に対して,歴史学研究が果たす役割は何か.歴史学を牽引する研究者が今,学問としての位置づけを捉えかえす.2012年末に開催のシンポジウムをもとにした論考に加え,3つのテーマで研究史を概観する座談会を収録.現実とどう向きあえばいいのか正面から問いなおし,新たな将来像を模索するための一冊.


主要目次

まえがき(池 享・大門正克)
I 歴史学のアクチュアリティ――創立80年シンポジウムから
1 中国史研究におけるアクチュアリティとリアリティ(岸本美緒)
2 現代歴史学の挑戦:イギリスの経験(長谷川貴彦)
3 方法としての同時代史(安田常雄)
4 〈境界〉を考える(村井章介)
5 現代史とは何か(栗田禎子)
6 歴史学のアクチュアリティと向き合う(浅田進史)
7 歴史学をめぐる承認―隔離―忘却:ジェンダー史を事例として(藤野裕子)
8 歴史学のアクチュアリティに関する一つの暫定的立場(松沢裕作)
II 討議 歴史学のアクチュアリティ
1 社会史研究と現代歴史学
(保立道久・荒木敏夫・服藤早苗・深谷克己・山田 賢・北村暁夫)
2 社会主義圏の崩壊・ポスト冷戦と現代歴史学
(小沢弘明・伊藤定良・久保 亨・栗田禎子)
3 新自由主義時代と歴史学の将来
(源川真希・安村直己・中野 聡・加藤千香子・戸邉秀明)
あとがき(小野 将)



分野別クイックジャンプ