日英交流史1600−2000 4 品切
税込4968円/本体4600円  


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

日英交流史1600-2000
日英交流史1600−2000 4 経済

杉山 伸也 編, ジャネット・ハンター 編
ISBN978-4-13-025034-4, 発売日:2001年06月下旬, 判型:A5, 352頁

内容紹介

開国から現代までに至る日英経済交流はいかなるものであったか.二世紀を通観するとともに,福沢諭吉の実業思想をはじめ,貿易,金融,経営,そして企業間の連携などの個別テーマを扱った論文からなる本巻は,日英交流の基礎過程を明らかにするものである.


主要目次

第1章 日英経済関係史 1600−2000年(杉山伸也/ジャネット・ハンター)
第2章 福沢諭吉と近代日本のビジネス・エリート(玉置紀夫)
第3章 貿易と金融における日英対抗 1870−1914年(石井寛治)
第4章 戦間期ロンドン金融市場における日本政府の外債発行(鈴木俊夫)
第5章 一九二〇年代における英国の対日経済認識(ジョン・シャーキー)
第6章 日本製鋼所のコーポレート・ガヴァナンスと日英関係(奈倉文二)
第7章 日本自動車産業の発展と英国 日英企業の技術提携,一九一八−一九六四年
                   (クリストファー・メイドリー)
第8章 東南アジア,ジェット・エンジン,エネルギー(ジョン・ウェスティ)
第9章 戦後の日英投資関係(マリー・コンテ=ヘルム)


分野別クイックジャンプ