健康と医療の社会学 品切
税込3024円/本体2800円  


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

健康と医療の社会学 

山崎 喜比古 編
ISBN978-4-13-062406-0, 発売日:2001年06月中旬, 判型:A5, 256頁

内容紹介

健康社会学・保健医療社会学の標準的なテキスト.健康や病気の社会的要因,生活や人間関係の影響,保健や医療での患者・医師・家族の行動,医療技術の進展やその限界への問いなど,随所に最新の知見を盛り込んだ.保健・医療・看護・福祉関連学科の教科書に好適.


主要目次

I 健康と医療の社会学とは
 1章 健康と医療の社会学の対象(山崎喜比古)
 2章 健康と医療の社会学の方法(山崎喜比古)
II 健康・病気の社会性
 3章 健康・病気と保健・医療の新しい見方(山崎喜比古)
 4章 健康・病気の社会的格差(早坂裕子)
 5章 行動・生活・人間関係の健康影響(朝倉隆司)
III 保健医療における行動,関係,相互作用
 6章 病気行動・病人役割・病いの経験(野口裕二)
 7章 医療者―患者関係(杉田 聡・長谷川万希子)
 8章 医療技術と人間社会(田村 誠)
 9章 患者・障害者のセルフヘルプと家族(山崎喜比古・中川 薫)
IV 保健医療の組織,制度,政策,文化
 10章 保健医療の機関と従事者(林 千冬)
 11章 保健医療の制度と政策(田村 誠)
 12章 保健医療の思想・文化――近代医療を越えて(野口裕二・中山和弘)



分野別クイックジャンプ