シリーズ都市・建築・歴史 10 在庫あり
税込4536円/本体4200円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

シリーズ都市・建築・歴史
シリーズ都市・建築・歴史 10 都市・建築の現在

鈴木 博之 編, 石山 修武 編, 伊藤 毅 編, 山岸 常人 編
ISBN978-4-13-065210-0, 発売日:2006年08月上旬, 判型:A5, 384頁

内容紹介

都市・建築の未来がここにある――20世紀,西欧中心・資本主義の大量消費社会において生み出され続けてきた,現代建築.その方向性と未来を読み解く鍵として,再び「歴史」に立ち返る.ついにシリーズ全巻完結!

シリーズ都市・建築・歴史【全10巻】


主要目次

序 現代の特質――何をもって現代とするか(石山修武)
1 住宅の生産と流通(松村秀一)
2 オフィスビルの表現――ファサード技術とエンジニアリングの変遷(清家 剛)
3 一九六八年――パリの五月革命をめぐる思想と建築(五十嵐太郎)
4 病理としての建築――近代と「美学の生理学」(ヨルク・グライター/海老澤模奈人訳)
5 環境問題としての風景論(中川 理)
6 難民キャンプの現状(森川嘉一郎)
7 都市と建築 その機能と寿命(鈴木博之)



分野別クイックジャンプ