在庫あり
税込1620円/本体1500円  

» 送料一律200円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

知の技法 東京大学教養学部「基礎演習」テキスト

小林 康夫 編, 船曳 建夫 編
ISBN978-4-13-003305-3, 発売日:1994年04月上旬, 判型:A5, 296頁

内容紹介

カリキュラム改革が進む東大教養学部で,93年度から文系1年生の必修科目として開設されたゼミ形式の「基礎演習」のテキスト.最先端の学問の魅力を紹介し,論文の書き方・口頭発表の仕方・資料の集め方等を収めた「究極の参考書」.


主要目次

はじめに

第I部 学問の行為論―誰のための真理か(小林康夫)

第II部 認識の技術―アクチュアリティと多様なアプローチ
[現場のダイナミクス]
フィールドワーク―ここから世界を読み始める(中村雄祐)
史料―日本的反逆と正当化の論理(義江彰夫)
アンケート―基礎演習を自己検証する(丹野義彦)
[言語の論理]
翻訳―作品の声を聞く(柴田元幸)
解釈―漱石テクストの多様な読解可能性(小森陽一)
検索―コンコーダンスが聞く言葉の冒険旅行(高田康成)
構造―ドラゴン・クエストから言語の本質へ(山中桂一)
[イメージと情報]
レトリック―Madonnaの発見,そしてその彼方(松浦寿輝)
統計―数字を通して「不況」を読む(松原望)
モデル―ジャンケンを通して見る意思決定の戦略(高橋伸夫)
コンピューティング―選挙のアルゴリズム(山口和紀)
[複数の視点]
比較―日本人は猿に見えるか(大澤吉博)
アクチュアリティ―「難民」報道の落とし穴(古田元夫)
関係―「地域」を超えて「世界」へ(山影進)

第III部 表現の技術―他者理解から自己表現へ
0.表現するに足る議論とは何か(船曳建夫)
1.論文を書くとはどのようなことか(門脇俊介)
2.論文の作法(門脇俊介)
3.口頭発表の作法と技法(長谷川寿一)
4.テクノロジーの利用(長谷川寿一)
5.調査の方法

結び―「うなずきあい」の18年と訣れて(船曳建夫)



関連情報 

  1. […] 書籍一覧・検索 ? 知の技法 - 東京大学出版会 utp.or.jp/bd/978-4-13-003305-3.html – view page – cached * 『ウォール・ストリートと極東』が「日経新聞」12/26「回顧2010 私の3冊」」で紹介 [2010-12-26] * 第1回東京大学南原繁記念出版賞発表のお知らせ [2010-12-21] * (1) 東北大学生協文系書籍店、(2) 同志社生協今出川店、(3) 中央大学生協多摩店で東京大学出版会フェアを開催 [2010-12-19] *… Read more* 『ウォール・ストリートと極東』が「日経新聞」12/26「回顧2010 私の3冊」」で紹介 [2010-12-26] * 第1回東京大学南原繁記念出版賞発表のお知らせ [2010-12-21] * (1) 東北大学生協文系書籍店、(2) 同志社生協今出川店、(3) 中央大学生協多摩店で東京大学出版会フェアを開催 [2010-12-19] * 『人生一般ニ相対論』が第1回「いける本大賞」を受賞しました [2010-12-17] * 科研費に関する「要望書」を提出(大学出版部協会) [2008-07-29] View page […]

    ピンバック by Twitter Trackbacks for 書籍一覧・検索 ? 知の技法 - 東京大学出版会 [utp.or.jp] on Topsy.com — 2011/1/13 木曜日 @ 0:07:31

分野別クイックジャンプ