門戸開放政策と日本 在庫あり
税込6912円/本体6400円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

門戸開放政策と日本 

北岡 伸一
ISBN978-4-13-030155-8, 発売日:2015年07月下旬, 判型:A5, 496頁

内容紹介

20世紀へ至るなかで“門戸開放”という外交方針を確立し,国際政治の舞台に躍り出たアメリカに対し,日本はどのように向き合ったのか――19世紀終わりから第二次大戦後まで,日米関係を軸に外交の重要局面を歴史・思想などさまざまな視点から鮮やかに解明した,待望の論集.


主要目次

まえがき

序 章 門戸開放政策と日米関係

第I部 アメリカン・デモクラシーとキャリア外交官
 第一章 国務省極東部の成立――ドル外交の背景
 第二章 二十一カ条再考――日米外交の相互作用
 第三章 ワシントン体制の崩壊とマクマリ・メモランダム

第II部 日米外交の交錯
 第四章 明治中期の海洋国家思想――初期『太陽』に見るアメリカ像と日本外交
 第五章 海洋国家の戦略思想――福沢諭吉から吉田茂まで
 第六章 日米外交の非対称性

第III部 門戸開放と日本の知識人
 第七章 吉野作造の国際政治思想
 第八章 新渡戸稲造における帝国主義と国際主義
 第九章 清沢洌におけるリベラリズムとナショナリズム

第IV部 戦前から戦後へ
 第十章 吉田茂における戦前と戦後
 第十一章 岸信介――野心と挫折
 第十二章 賠償問題の政治力学
 終 章 太平洋戦争における「目的」と「争点」

あとがき/初出一覧
関連略年表



関連情報 

  1. 『門戸開放政策と日本』が9/6「読売新聞」で紹介…

    「「理念の国」への誤解――すぐれた歴史研究書は読者を堪能させる推理小説に似ている.歴史上の謎を解決してくれるからである.本書の「二十一カ条再考」などその見本のように思 (more…)

    トラックバック by 書評 — 2015/9/7 月曜日 @ 14:31:37

  2. 『門戸開放政策と日本』が10/10号「週刊東洋経済」で紹介…

    「知的誠実さにあふれた第一級の外交史――米国の理念による国際社会とのかかわりと,欧米から一歩遅れて国際社会に登場した日本の国際秩序へのかかわりを,公文書や関係者の発言 (more…)

    トラックバック by 書評 — 2015/10/5 月曜日 @ 14:05:00

  3. 『門戸開放政策と日本』が11/15「毎日新聞」で紹介…

    「理念国家アメリカを歴史に学べ」と題したインタビュー形式の紹介記事が掲載されました.
    「非対称な〔日米〕両国外交の場面が,国務省官僚や政治家,ジャーナリストを通してよ (more…)

    トラックバック by 書評 — 2015/11/16 月曜日 @ 14:07:43

  4. 『門戸開放政策と日本』『日ロ関係史』が12/13「毎日新聞 …

    『門戸開放政策と日本』
    「今後の日米中関係を考えるヒントが多く含まれている.1年経たぬうちに時代遅れになる本も多いが,決して古くなることのない一冊」(評者:岩間陽 (more…)

    トラックバック by 書評 — 2015/12/14 月曜日 @ 11:07:32

  5. 『門戸開放政策と日本』『日ロ関係史』が12/27「日本経済新…

    『門戸開放政策と日本』
    「内外の知見を辿りながら,個人と国家の自己利益を普遍的で啓発されたかたちでもたらす政策を明らかにする近年最高の収穫本.」(評者:中沢孝夫氏・ (more…)

    トラックバック by 書評 — 2015/12/28 月曜日 @ 11:20:37

分野別クイックジャンプ