〈持ち場〉の希望学 在庫あり
税込3024円/本体2800円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

〈持ち場〉の希望学 釜石と震災、もう一つの記憶

東大社研 編, 中村 尚史 編, 玄田 有史 編
ISBN978-4-13-033072-5, 発売日:2014年12月下旬, 判型:四六, 416頁

内容紹介

震災のなか,公の仕事をまっとうした人々は,それぞれの〈持ち場〉で,何を考え,いかに行動したのか――.オーラル・ヒストリー(口述史)を通じた「言葉」で紡ぐ,これまで語られてこなかった震災の記憶.東大社研の希望学プロジェクト,待望の第3弾!


主要目次

序 釜石の希望学――震災前,そして震災後(玄田有史)

記憶を記録する
第1章 釜石における震災の記憶(中村尚史)

希望学の視点
第2章 褒められない人たち(中村圭介)
第3章 「持ち場」と家族(竹村祥子)
第4章 釜石のある消防関係者の記憶(佐藤慶一)
第5章 調査船の避難行動を担う――県職員(船員と一般職員)の場合(加瀬和俊)
第6章 市職員へのサポート――復興過程における「補完性の原理」(塩沢健一)
第7章 そのとき,政治は(宇野重規)
第8章 発災から避難所閉鎖までの5か月間の市民と市職員の奮闘(吉野英岐)
第9章 「住まいの見通し」はなぜ語りづらいのか(西野淑美)
第10章 「住まいの選択」をめぐる困難さ(石倉義博)
第11章 点と点,そして点――地域住民の希望(佐藤由紀)
第12章 「ねおす」から「さんつな」へ(大堀 研)

当事者の視点
第13章 東日本大震災と釜石市――1年間のあゆみ(佐々木 守)
第14章 鉄の絆の復興支援――北九州市の活動(東 義浩)
第15章 釜石と共に生きる製鉄所として,地域支援と事業の復旧に取り組む――(新日本製鐵(現新日鐵住金)釜石製鉄所,(編集・解題)中村尚史)

東日本大震災関係年表
あとがき(中村尚史・玄田有史)
(資料)「震災の記憶」インタビューへのご協力のお願い
索引
編者・執筆者紹介



関連情報 

  1. 「の希望学」が2/8「中国新聞」で紹介…

    「災厄後 どう生き抜くか――災厄とその後の過酷な日々を,人々はどう行動し,何を思って生き抜いているのか.一人ひとりの語り口まで伝わる詳細な聞き書きから,日々の営みの中 (more…)

    トラックバック by 書評 — 2015/2/16 月曜日 @ 13:30:31

  2. 『〈持ち場〉の希望学』が2/22「信濃毎日新聞」で紹介…

    「守らねばという根源的使命感――東日本震災後の釜石で,それぞれの持ち場を守り抜いた59人の証言集だ.〔…〕メディアで取り上げられず自ら声を上げることも少ない,公の仕事 (more…)

    トラックバック by 書評 — 2015/2/26 木曜日 @ 9:52:04

  3. 『〈持ち場〉の希望学』が3/29「毎日新聞」で紹介…

    「釜石市民の「自立」を見続ける決意――災害への対応,そして復興への踏み出しの中心になるのは,何といっても市役所の職員であった.市職員の(全員ではないにしろ)職責を越え (more…)

    トラックバック by 書評 — 2015/3/30 月曜日 @ 15:56:56

分野別クイックジャンプ