日本人の情報行動 2005 品切
税込12960円/本体12000円  


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

日本人の情報行動 2005 

東京大学大学院情報学環 編
ISBN978-4-13-050167-5, 発売日:2006年11月上旬, 判型:A5, 336頁

内容紹介

人びとのメディア利用行動やコミュニケーション行動,すなわち「情報行動」と読んでいる生活行動に焦点を絞り,それに費やした時間量や利用の実態を,2005年3月に実施した日記式調査と質問票調査の両面から分析する.新しいメディア環境下における人びとの行動変化を明らかにする.


主要目次

第1部 日本人の情報行動の現状と変化
0.「東京大学情報学環・情報行動調査」の概要(橋元良明)
1.情報行動の全般的傾向
情報行動の概況(橋元良明)/時間帯別にみた主な情報行動(石井健一)/情報機器の所有・利用(三上俊治)/属性別にみた情報行動(金相美・北村智)/情報行動規範意識(小笠原盛浩)/情報領域と情報源(金相美)/状況別メディアの利用(北村智)/情報源の信頼性・重要性認識・有効性感覚(橋元良明)/セキュリティ感覚(三上俊治)/情報ハンドリング力(情報活用力)(小笠原盛浩)/メディア利用と社会意識・社会階層(遠藤薫)
2.メディア別にみた情報行動
PCインターネット利用(石井健一・遠藤薫・小笠原盛浩・橋元良明)/モバイル・コミュニケーションと電話(北村智)/テレビとその他の映像メディア(石井健一・金相美)/活字メディア(三上俊治)/対面コミュニケーション(小笠原盛浩)
第2部 2005年情報行動の諸相
3.「日本人の情報行動・日記式調査」の分析からみたインターネット利用の生活時間・他メディア利用時間への影響――「在宅時間相応配分説」について(橋元良明)
4.テレビ視聴時間と他の情報行動の関連――情報行動調査による各種指標の検討(石井健一)
5.多メディア状況下におけるメディア選択と影響――日韓台比較を通してみえてくるもの(吉井博明)
6.対人コミュニケーション手段の選択と丁寧さの伝達(北村智)
7.社会関係資本と情報行動(辻大介)
8.多メディア・非同期コミュニケーション環境における社会関係――「他人指向」から「仲間指向」へ(遠藤薫)
第3部 調査票(単純集計結果)



分野別クイックジャンプ