排除と抵抗の郊外 在庫僅少(重版中)
税込4968円/本体4600円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

排除と抵抗の郊外 フランス〈移民〉集住地域の形成と変容

森 千香子
ISBN978-4-13-056109-9, 発売日:2016年03月下旬, 判型:A5, 304頁

内容紹介

パリの襲撃事件以来,注目を集める「ホームグロウン」の若者たち.そのような移民・マイノリティの若者が集住する「郊外」はどのように形成されたのか.「郊外」を起点にフランス主流社会とマイノリティの亀裂をたどり,暴力の背後にある排除と抵抗の実態にせまる.


主要目次

序章 フランス主流社会とマイノリティの亀裂を問う
 1 フランスの移民統合の理想と現実――OECDの比較調査から
 2 移民からエスニック・マイノリティへ――呼称変化とアプローチの転換
 3 郊外「セーヌ・サン・ドニ県」への注目
1章 フランス郊外研究の視座――空間と結びついたマイノリティの差別と排除
 1 日本とは異なる郊外像
 2 モラル・パニックとメディア,政治空間
 3 先行研究における「郊外」の位置づけ
 4 本書の枠組み――差別,排除,レイシズム
 5 本書の方法と構成
2章 多様化する郊外とマイノリティ
 1 「移民」と「郊外」の関係を整理する
 2 郊外をめぐる複数の空間的アプローチ
 3 「移民」と居住の多様化――中産階級の台頭
 4 「移民」カテゴリー内部における分極化の進行――郊外貧困地区の状況の悪化と時間的変化
 5 「郊外問題地区」の類型化とセーヌ・サン・ドニ県の事例
3章 排除空間の形成と国家の役割――フランス的例外か?
 1 「マイノリティ集住地区」としての郊外はどのように形成されたのか
 2 工業地区の郊外
 3 団地の郊外
 4 移民の郊外
 5 結びにかえて――排除空間としての郊外と国家
4章 「赤い郊外」の変容と都市政策の展開
 1 問題設定
 2 「都市政策」の誕生と展開
 3 脱工業化のインパクトと「赤い郊外」の変容
 4 市政と住民をつなぐ新たな媒介の模索
 5 「都市問題」という解読格子の誕生と定着
 6 階級問題から「都市問題」へ――「赤い郊外」における解読格子の変化
5章 再生事業と住民コミュニティへの影響
 1 地域社会の底上げか,下層マイノリティの排除か?
 2 「ソーシャル・ミックス」の評価
 3 住民はどこに行ったのか?
 4 「ミックス」の実情と課題
 5 都市政策と地域社会の再編
6章 郊外マイノリティの多様な抵抗
 1 エスニック・マイノリティの若者たちをめぐる参加と抵抗
 2 アソシエーション活動を通した抵抗――文化表現から政治活動へ
 3 問題化される「参加」――ラップの事例
 4 おわりに
7章 風刺新聞社襲撃事件と「見えない断絶」――フランス統合モデルの限界・弊害とマイノリティの疎外
 1 追悼デモに来なかった「郊外の住民」たち
 2 事件直後の「郊外の住民」の反応
 3 「テロ対策」としての3つの改革――治安,教育,郊外
 4 カラー・ブラインド原則とその実態――まなざしの人種化
 5 文化的統合の深化と(それゆえの)問題化というパラドクス
 6 ダブル・スタンダードが生み出す問題
 7 プラグマチークな解決にむけた道のり
終章 脱領域的なマイノリティ研究をめざして
 1 亀裂を生じさせる二重の「乖離」
 2 郊外の比較社会学に向けて――変容する日本の郊外へのまなざし
 3 「客観性」としてのマイノリティの視座

文献一覧
あとがき
地名・人名索引
事項索引



関連情報コメント (6)

  1. 『排除と抵抗の郊外』が4/3「毎日新聞」で紹介…

    「〔パリの同時襲撃事件などの〕欧州の悲劇を「グローバル・テロリズム」対「民主主義」といった単純な図式に乗せることはできないと説いている.〔…〕テロ実行犯の多くがこうし (more…)

    トラックバック by 書評 — 2016/4/6 水曜日 @ 17:05:34

  2. 森千香子『排除と抵抗の郊外』が「エコノミスト」5/17号で紹…

    「移民子孫の差別に潜むフランスの矛盾を看破:学術的に極めて精緻,高い評価に値すると同時に,現代的課題に見事に答える.理路整然とした筆の運びは読者を飽きさせず,一流の学 (more…)

    トラックバック by 書評 — 2016/5/9 月曜日 @ 13:20:36

  3. 森千香子『排除と抵抗の郊外』が第33回渋沢・クローデル賞特別…

     
     
     
     
     
    (書影をクリックすると書誌情報ページへ移動します)
    森千香子『排除と抵抗の郊外 フランス〈移民〉 (more…)

    トラックバック by トピックス — 2016/5/25 水曜日 @ 10:45:05

  4. 『排除と抵抗の郊外』が『週刊文春』6/30号で紹介…

    「2015年に二度のテロに見舞われたフランスが抱える移民問題と郊外問題を詳細に論じたタイムリーな本〔…〕人口減少の解決策を移民に求めようとしている日本の政策担当者が逐 (more…)

    トラックバック by 書評 — 2016/6/23 木曜日 @ 11:33:15

  5. 『排除と抵抗の郊外』が「図書新聞」6/25号で紹介…

    「十九世紀中葉以降のフランス史の捉え直しを提案するとともに,グローバル化された現代社会の行方をめぐる議論全般に貴重な示唆を与える野心的な著作」(評者:片岡大右氏・東京 (more…)

    トラックバック by 書評 — 2016/6/27 月曜日 @ 13:51:12

  6. 『排除と抵抗の郊外』が「赤旗」7/20で紹介…

    「「共和国理念」ゆえの差別と苦悩――「自由・平等・博愛」を掲げるフランス共和国にあって,移民がおかれた苦境を理解するのは難しい.その美しい理念こそが移民の貧困や差別を (more…)

    トラックバック by 書評 — 2016/7/22 金曜日 @ 14:57:46

分野別クイックジャンプ