プレートテクトニクスの拒絶と受容 在庫僅少
税込4104円/本体3800円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

プレートテクトニクスの拒絶と受容 戦後日本の地球科学史

泊 次郎
ISBN978-4-13-060307-2, 発売日:2008年06月上旬, 判型:A5, 268頁

内容紹介

1960年代後半に登場したプレートテクトニクスは,欧米では70年代初めには地球科学の支配的なパラダイムとなった.しかし,日本の地質学界ではその受容に10年以上の遅れが見られた.なぜこのような事態が生じたのか?多くの資料をもとにその謎を解明する.


主要目次

まえがき
序 章 プレートテクトニクスと日本の科学史
第1章 大陸移動説からプレートテクトニクスへ――地球科学の革命
第2章 戦前の日本の地球科学の発展とその特徴
第3章 戦後の日本の民主主義運動と地学団体研究会
第4章 「2つの科学」と地学団体研究会
第5章 日本独自の「地向斜造山論」の形成
第6章 プレートテクトニクスの登場と日本の地球科学
第7章 「日本列島=付加体」説の形成とプレートテクトニクスの受容
終 章 プレートテクトニクスの受容とそれ以降の日本の地球科学
あとがき
年表/参考資料/事項索引/人名索引


担当編集者から

 本書の著者は,ちょうどプレートテクトニクスが誕生した60年代後半に大学で地球物理学を専攻していました.卒業して朝日新聞社に就職,科学記者として活躍を始めます.ところがその頃,プレートテクトニクスを紹介する記事を書くと,好評を博する一方で,何人もの地質学者から抗議が届きます.ジャーナリズムの世界ではすでにプレートテクトニクスが常識なのに,なぜまだそれを受け入れない地学関係者が少なくないのか?著者はその疑問を追究するために大学院に入り,研究を続けられてきました.
 地域主義的・地史主義的な性格の強かった日本の地質学の中で,戦後の民主主義運動の流れにのって,とくに地学団体研究会が主張した「地質学は歴史科学である」という主張はどのような内容と意味をもったのか.プレートテクトニクスへの反対の理論の中心となった「地向斜造山論」とはどのようにつくられ,どのように位置付けられたのか.また,10年以上遅れてようやくプレートテクトニクスが受容されるようになったきっかけと過程はどのようなものだったのか.
 本書は,以上のようなこれまであまり取り上げられることのなかった日本の戦後の地球科学の歴史を,海外での受容の例とも比較しながら,多くの資料や聞き取り調査により正確に位置付けていきます.地球科学だけでなく,今後の科学者の運動と科学の学説との関係を考えるうえでも大きな示唆を与える本です.



関連情報 

  1. […] 書籍一覧・検索 ? プレートテクトニクスの拒絶と受容 - 東京大学出版会 utp.or.jp/bd/978-4-13-060307-2.html – view page – cached Tweets about this link […]

    ピンバック by Twitter Trackbacks for 書籍一覧・検索 ? プレートテクトニクスの拒絶と受容 - 東京大学出版会 [utp.or.jp] on Topsy.com — 2010/9/1 水曜日 @ 13:00:44

分野別クイックジャンプ