原発事故環境汚染 在庫あり
税込4104円/本体3800円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

原発事故環境汚染 福島第一原発事故の地球科学的側面

中島 映至 編, 大原 利眞 編, 植松 光夫 編, 恩田 裕一 編
ISBN978-4-13-060312-6, 発売日:2014年10月上旬, 判型:A5, 312頁

内容紹介

福島第一原発事故によって大気・海洋・陸域に放出された放射性物質は,福島県をはじめとする広い地域に深刻な放射能汚染を引き起こした.本書は事故当時から現在に至るまで,多くの研究者によって調査され得られた環境汚染の科学的知見を総合的に集大成する.二度と起こってはならない事故への科学的検証.


主要目次

はじめに

第1部 環境中での放射性物質の動態
第1章 序論――東京電力福島第一原子力発電所事故と放射線・放射能の基礎
第2章 放射性物質の放出量の推定
第3章 大気への拡散
第4章 全球への輸送
第5章 海洋への拡散
第6章 陸域への放射性物質の拡散と沈着

第2部 防災インフラの整備と課題
第7章 モニタリングシステムの整備
第8章 放射性物質の拡散モデリング
第9章 除染

第3部 福島第一原発事故からの教訓と課題
第10章 科学者による緊急の取り組み
第11章 福島第一原発事故にかかわる緊急活動とメッセージ

用語集
索引



分野別クイックジャンプ