火山現象のモデリング 在庫あり
税込9288円/本体8600円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

火山現象のモデリング 

小屋口 剛博
ISBN978-4-13-060750-6, 発売日:2008年06月上旬, 判型:A5, 664頁

内容紹介

ダイナミックかつ個性的な自然現象を理解するにはどうすればよいのか.本書は,マグマの発生から火山噴火に至るまでの「火山現象」の背後にある普遍的数理構造を系統的に整理し,火山現象のモデリングの基礎となる理論的枠組みを構築することを目指す.

※著者による本書の紹介もこちらからご覧ください.


主要目次

はじめに
第1章 火山噴火に関する予備知識
第2章 火山に関する予備知識
第3章 マグマの性質に関する予備知識
第4章 浮力によるマグマ及びマントルの上昇
第5章 浸透流によるメルトの集積
第6章 岩脈中のマグマの上昇
第7章 発泡後のマグマの上昇
第8章 力学系としての火道流モデル
第9章 マグマ溜り及びその周辺の熱輸送
第10章 マグマ溜り中の二重拡散対流とマグマの分化
第11章 マグマの供給・噴出とマグマ混合
第12章 噴煙のダイナミックス
第13章 その他の噴火現象
第14章 火山現象における堆積作用
後書きにかえて――現象の再現性とモデルの実証可能性
付録/文献/索引


担当編集者から

 ピナツボ火山のように成層圏にまで噴煙を上げる大噴火,溶岩ドームから火砕流をたびたび発生した雲仙普賢岳,ハワイキラウエア火山からはさらさらの溶岩が海に流れ落ちていく…火山噴火は,個々の火山により,また個々の噴火ごとに,ひじょうに複雑で個性的です.
 このように複雑かつ個性的な火山現象を理解するには,どうすればよいのでしょう.本書は,地下深い場所でのマグマの発生,上昇,マグマ溜りでの現象,爆発的な噴火という流れに沿って,基本となる物理素過程を丁寧に解説していきます.素過程それぞれについて,「物理的エッセンスの抽出」→「数学的定式化」→「地球科学的現象への適用」という3段階を通して,その背後にある数理的構造が系統的に解き明かされていきます.
 モデリングとは何か?自然現象を「理解する」とはどういうことか?本分野での世界的な第一人者である著者が,がっしりと纏めた集大成の1冊であり,火山現象だけに限らず,複雑で動的な自然現象にアプローチしようとしている人には大いに参考になる1冊です.ぜひお読みください.



分野別クイックジャンプ