海底マンガン鉱床の地球科学 在庫あり
税込3780円/本体3500円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

海底マンガン鉱床の地球科学 

臼井 朗, 高橋 嘉夫, 伊藤 孝, 丸山 明彦, 鈴木 勝彦
ISBN978-4-13-062722-1, 発売日:2015年02月下旬, 判型:A5, 264頁

内容紹介

現世の海洋底に広範囲かつ大量に分布し,現在も成長しつづけるマンガン鉱床は,貴重なレアメタル資源であるとともに,海洋での物質循環や地球環境の変遷を明らかにする物質として注目されている.地質学・資源学・地球化学・微生物学などからその実像を明らかにする.


主要目次

はしがき

第1章 海底鉱物資源としてのマンガン鉱床
 1.1 地質活動が生む多様な鉱物資源
 1.2 化学堆積岩としての鉄・マンガン酸化物
 1.3 マンガンクラスト,団塊の分布概要
 1.4 金属鉱床としての意義
 1.5 研究と探査の歴史
 1.6 調査・分析技術の進歩

第2章 海底マンガン鉱床の分布・性状
 2.1 多様性の概要
 2.2 形態・構造・産状
 2.3 空間分布概要
 2.4 鉱物の多様性
 2.5 化学組成と形態
 2.6 生成年代,成長速度,成長史

第3章 海底マンガン鉱床の生成環境
 3.1 海洋の物質循環が生み出すマンガン鉱床
 3.2 資源形成と地質構造
 3.3 環境記録としてのマンガン鉱床

第4章 海洋の鉄・マンガン酸化物の地球化学
 4.1 表層水圏におけるマンガンと鉄の挙動とクラスト・団塊の形成
 4.2 マンガンクラスト,団塊の起源,鉱物組成とMn/Fe比
 4.3 マンガンクラスト,団塊の化学組成
 4.4 酸化物への親和性から見た元素の分配比
 4.5 鉄・マンガン酸化物中の安定同位体比の変動
 4.6 まとめ

第5章 マンガン酸化物形成に関与する微生物活動
 5.1 マンガンと生命活動
 5.2 生物学的マンガン酸化とエネルギー獲得系
 5.3 生物学的マンガン酸化の多様な形態
 5.4 環境によって異なる微生物の関与

第6章 地球環境変遷史とマンガン鉱床の形成
 6.1 マンガン鉱床の成因
 6.2 地質時代のマンガン鉱床の年代決定法
 6.3 地球史・海洋変遷史とマンガン鉱床の形成
 6.4 まとめ

補遺 酸化還元反応

あとがき/引用文献/索引



分野別クイックジャンプ