国際標準の考え方 在庫あり
税込3024円/本体2800円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

国際標準の考え方 グローバル時代への新しい指針

田中 正躬
ISBN978-4-13-063815-9, 発売日:2017年03月下旬, 判型:四六, 272頁

内容紹介

グローバル化が進む中,社会経済全般にわたり国際標準(規格)の重要性はますます増している.国際標準は,私たちの生活とどのように関わっているのか.そしてその課題と解決策とは? 標準の作り方と使い方,そして考え方について,具体例をまじえていねいに解説.


主要目次

はじめに

序 章 国際標準と適合性評価

I 現代社会と国際標準
第1章 変貌する国際企業戦略
第2章 地球時代の安全規制
第3章 市民社会におけるマークの氾濫

II 国際標準の体系
第4章 国際標準をつくる――標準作成機関の構図
第5章 国際標準を使う――適合性評価の仕組み
ティーブレーク 本初子午線の物語

III 挑戦すべき課題
第6章 ガバナンスの仕組みとその限界
第7章 技術進歩への影響――停滞か促進か

終 章 明日へむけて――標準教育のすすめ

おわりに

付録 世界の主な標準関係の組織

BOX1 モジュール化――サイモンの時計屋
BOX2 仕様標準と性能標準――厳密か,それとも弾力的か
BOX3 標準の定義――用途による使い分け
BOX4 標準の経済学――情報とネットワークの経済
BOX5 適合性評価――ISO/IECの道具箱
BOX6 計量標準――ものさしの基準
BOX7 WTO(世界貿易機関)と標準――国際取引の基本ルール
BOX8 公共財――標準はどこまで公共財か

Dialogues on International Standards: A Guide to the Global Age
Masami TANAKA



関連情報 

  1. 『国際標準の考え方』が5/27「日本経済新聞」で紹介…

    「効率的な規制とは 課題を考察――商品やサービスの質の多様性を調整し,単純化するための手法である国際標準の課題について分かりやすく解説している.〔…〕標準化は,明確な (more…)

    トラックバック by 書評 — 2017/5/30 火曜日 @ 11:35:02

分野別クイックジャンプ