もがく建築家,理論を考える 未刊
税込1620円/本体1500円  


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

T_ADS TEXTS 02
もがく建築家,理論を考える 

東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies 編
ISBN978-4-13-063851-7, 発売日:2017年06月下旬, 判型:新書, 304頁

内容紹介

ふたつの東京オリンピックのはざまで,時代の大きなうねりのなか形作られた現代日本建築の多様性を「理論」「技術」「都市」「人間」という四相から見直すシリーズの第1弾,「理論編」.日本を代表する建築家自身による作品解説とインタビューによる現代日本建築入門.


主要目次

FOREWORD「これからの建築理論」の先をめざして(小渕祐介) 
01.なぜいま丹下健三から考えるのか(隈 研吾+小渕祐介)
02.空間を感知するために(磯崎 新)
03.様式を共有する(香山壽夫)
04.建築の始源へ(藤森照信)
05.つなぐ建築(大野秀敏)
06.建築より大きく,都市より小さく(妹島和世)
07.日常の建築家(隈 研吾)
AFTERWORD(木内俊彦)



分野別クイックジャンプ