東大ハチ公物語 在庫あり
税込1944円/本体1800円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

東大ハチ公物語 上野博士とハチ、そして人と犬のつながり

一ノ瀬 正樹 編, 正木 春彦 編
ISBN978-4-13-066162-1, 発売日:2015年03月上旬, 判型:四六, 236頁

内容紹介

ハチと上野博士の新しい物語が始まる――忠犬ハチ公の没後80年,渋谷駅で飼い主の上野英三郎博士を待ち続けたハチは,上野博士が教鞭をとった東京大学農学部で,大好きな上野博士と銅像になって再会する.それを記念して,ハチと上野博士をめぐるさまざまなストーリーを新たに紡ぐ.


主要目次

プロローグ 「東大ハチ公物語」のシンボリズム(一ノ瀬正樹)

第1話 「ハチ」そして「犬との暮らし」をめぐる哲学断章(一ノ瀬正樹)
 エピソード1 「忠犬ハチ公」は「忠犬」だったのか(松井圭太)
第2話 誇り高き秋田犬と飼い主の関係性(新島典子)
 エピソード2 「忠犬ハチ公」の剝製(林 良博)
第3話 ハチの死因とイヌの病気の変遷 (中山裕之)
 エピソード3 めざせ先輩犬ハチ(長谷川寿一)
第4話 学を喰うイヌ(遠藤秀紀)
 エピソード4 映画『ハチ公物語』,『南極物語』に見る日本人のイヌ観(溝口 元)
第5話 上野英三郎博士と愛犬ハチ(塩沢 昌)
 エピソード5 ハチと渋谷区(桑原敏武)

エピローグ 人と犬のつながり(正木春彦)
あとがき(一ノ瀬正樹・正木春彦)



関連情報 

  1. 『東大ハチ公物語』が3/18「日本経済新聞」で紹介…

    「ハチ没後80年にあたり,東大教授らが動物学や生態学,社会学,哲学などハチに絡めたさまざまな論考をまとめた.例えばハチの死因を特定し,イヌの病気の変遷を解きほぐす.学 (more…)

    トラックバック by 書評 — 2015/3/23 月曜日 @ 11:25:46

  2. 『東大ハチ公物語』が3/22「秋田魁新報」で紹介…

    「愛される理由を検証――記された文章から執筆者の熱意が伝わってくる.ハチ公物語が人々に愛されてきた理由を,学術的に検証した一冊といえる.」

    書影をクリックすると書誌 (more…)

    トラックバック by 書評 — 2015/3/30 月曜日 @ 16:15:10

  3. 『東大ハチ公物語』が4/5「朝日新聞」で紹介…

    「ハチ公は有名なのに,飼い主が東大教授であることはあまり知られていない.義憤?を感じた東大の先生たちが,ハチ公の没後80年にちなみ,ハチ公と飼い主の像を建立,論集をま (more…)

    トラックバック by 書評 — 2015/4/6 月曜日 @ 13:56:39

  4. 『東大ハチ公物語』が5/31「赤旗」で紹介…

    「驚きの生涯,人との関係多面的に――世界にこれほど知られた犬も珍しい.そのわりにハチ公の生涯を正確に知る人は少ないという.〔…〕本書で初めて知る人も多いであろう.」( (more…)

    トラックバック by 書評 — 2015/6/9 火曜日 @ 11:16:36

  5. 『東大ハチ公物語』が平成28年度農業農村工学会賞著作賞を受賞…

     
     
     
     
     
    (書影をクリックすると書誌情報ページへ移動します)
    一ノ瀬正樹・正木春彦編『東大ハチ公物語』が平 (more…)

    トラックバック by トピックス — 2016/5/25 水曜日 @ 15:13:48

分野別クイックジャンプ