東京大学第二工学部の光芒 在庫あり
税込4104円/本体3800円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

東京大学第二工学部の光芒 現代高等教育への示唆

大山 達雄 編, 前田 正史 編
ISBN978-4-13-066810-1, 発売日:2014年03月下旬, 判型:A5, 384頁

内容紹介

東京大学第二工学部は,戦時下に9年間だけ存在した学部である.戦中・戦後の窮乏期に,短い存続期間にもかかわらず各界のリーダーを輩出した「東大二工」はどのような学部であったのか.その開学から閉学に至る経緯を日本近代の工学教育史の中に位置づけながら,豊富なインタビューなどを基に実態に迫る.


主要目次

はじめに
1 第二工学部――設立と開学までの経緯
2 組織と施設設備
3 教育内容と教育体制
4 研究活動と研究体制
5 閉校への経緯
6 第二工学部から生産技術研究所へ
7 わが国の高等教育と生産技術研究所
8 卒業生の活躍状況
9 出身者懇談会と卒業生インタビュー
10 二工教育の現代的意義と高等教育への示唆
おわりに
参考文献
事項索引/人名索引



分野別クイックジャンプ