オーストラリア先住民とパフォーマンス 未刊
税込8424円/本体7800円  


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

オーストラリア先住民とパフォーマンス 

佐和田 敬司
ISBN978-4-13-086053-6, 発売日:2017年07月中旬, 判型:A5, 280頁

内容紹介

「アボリジニに演技は出来ない」――長らくこう語られてきたが,社会的・文化的抑圧を生き抜いた人びとが,自らのパフォーマンスを通じて表現するものは何なのか.「観る・観られる」視点を越えて,先住民,非先住民,世界の観客を見据えた新たな創造を克明に描き出す.


主要目次

まえがき
序章 先住民のパフォーマンスと日本からの視線――映画『オーストラリア』

I部 自らの声で語る
一章 オーストラリア先住民と映画史――語る主体の獲得
二章 先住民の映画スターは語ることが出来るか――デヴィッド・ガルピリル論
三章 奥地と都市をつなげるテクノロジーと身体――チューキー・ダンサーズ『Ngurrumilmarrmiriyu(ロング・スキン)』

II 過去と現在に対する証言
四章 マラリンガからヒロシマ,ナガサキ,そしてフクシマへ――『ナパジ・ナパジ』
五章 証言者としての身体――ウェズリー・イノック論
六章 戦争の記憶とナショナリズムへの介入――『ブラック・ディッガーズ』

III部 先住民文化への祝福
七章 オペラと先住民
八章 真実の物語と祝福――『サファイアーズ』
九章 ニュージーランド演劇の半世紀と先住民――『ポフトゥカワの木』

終章 アボリジニと日本人の出会い――『ジョン・ロメリルのミス・タナカ』

資料編 舞台の上の先住民 一九九六〜二〇一六



分野別クイックジャンプ