第二編之三十一 在庫あり
税込9612円/本体8900円  

» 史料・復刻の「僅少/品切」については、ご注文お受けできる場合がございます。ご面倒ですが小会までお問い合わせください。
» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

東京大学史料編纂所の事業・活動等に関心のある方はこちらからどうぞ。

大日本史料
第二編之三十一 後一条天皇 長元四年七月―同五年三月

東京大学史料編纂所 編纂
ISBN978-4-13-090081-2, 発売日:2015年09月下旬, 判型:A5, 398頁

内容紹介

本冊には,長元4年(1031)7月から同5年3月までの史料を収める.この間の主な事柄としては,大神宮の託宣に端を発する斎宮寮頭夫妻の処罰,賀茂斎院選子内親王の退出とそれに伴う50年ぶりの新斎院卜定,上東門院藤原彰子の石清水八幡宮・住吉社・四天王寺御幸等があげられる.通巻407.


分野別クイックジャンプ