大日本史料 第五編之三十五 在庫僅少
税込9828円/本体9100円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

大日本史料
大日本史料 第五編之三十五 後深草天皇 建長三年正月―同年七月

東京大学史料編纂所 編纂
ISBN978-4-13-090235-9, 発売日:2014年04月下旬, 判型:A5, 422頁

内容紹介

本冊には,後深草天皇の建長3年(1251)正月から7月までを収める.2年前に焼亡した閑院内裏が,幕府の援助により再建成り,天皇が冷泉富小路内裏より遷幸した.北条時宗が誕生した一方で,本冊に伝記を収めた人物として,式乾門院・北条資時・中原師員・藤原資経等がいる.かつて九条道家・頼経父子による朝幕連携を支えた人物が去り,北条得宗による支配の基盤が固められつつあった.


分野別クイックジャンプ