第九編之二十七 在庫あり
税込9180円/本体8500円  

» 史料・復刻の「僅少/品切」については、ご注文お受けできる場合がございます。ご面倒ですが小会までお問い合わせください。
» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

東京大学史料編纂所の事業・活動等に関心のある方はこちらからどうぞ。

大日本史料
第九編之二十七 後柏原天皇 大永四年三月―同年七月

東京大学史料編纂所 編
ISBN978-4-13-090427-8, 発売日:2015年04月上旬, 判型:A5, 380頁

内容紹介

本冊には,大永4(1524)年3月29日から同年7月までの史料を収める.主な出来事としては,後柏原生母贈皇太后庭田朝子33回忌禁裏法華八講,三条西実隆の高野山参詣,大内義興の安芸桜尾城攻めなどがある.また,延暦寺衆徒から,日蓮宗徒の大僧正・大僧都改易と任官停止が朝廷に,洛中洛外追放が幕府に要求されていることも注目される.なお,天皇の箏の師範を務めた四辻季経の卒伝も収める.通巻405.


分野別クイックジャンプ