大日本古文書 家わけ第十六 島津家文書之四 在庫あり
税込8856円/本体8200円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

大日本古文書
大日本古文書 家わけ第十六 島津家文書之四 

東京大学史料編纂所 編
ISBN978-4-13-091144-3, 発売日:2011年05月中旬, 判型:A5, 344頁

内容紹介

長らく刊行が中断していた国宝・島津家文書の続編.本冊には,薩摩藩主島津家久・光久関係の寛永期(1624〜43年)以降の最重要文書を収めた「御文書」二巻のほか,戦国時代から豊臣政権期に及ぶ島津家歴代当主,勝久・貴久・義久・義弘関係の文書を収めた「御文書」四巻を収録した.薩摩藩制成立期の課題,戦国時代九州の諸大名との関係,豊臣政権下の島津氏の動向などを研究する上で根幹となる史料である.


分野別クイックジャンプ