大日本近世史料 市中取締類集二十九 在庫あり
税込8748円/本体8100円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

大日本近世史料
大日本近世史料 市中取締類集二十九 辻番請負之部 自身番屋・懸ヶ札高札・見守番人之部

東京大学史料編纂所 編
ISBN978-4-13-093029-1, 発売日:2010年05月下旬, 判型:A5, 392頁

内容紹介

本冊は,天保12年(1841)の株仲間解散令にともなう辻番請負人の動向と請負値段引下方に関する件,および天保13年(1842)〜嘉永5年(1852)の身番屋屋根上への枠火之見の設置,自身番屋の統合や模様替,四日市町の高札場所替,倒死・迷子等の芝口懸札再触に関する件などからなる.


分野別クイックジャンプ