大日本近世史料 廣橋兼胤公武御用日記十 在庫僅少
税込13500円/本体12500円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

大日本近世史料
大日本近世史料 廣橋兼胤公武御用日記十 宝暦十年五月―宝暦十一年四月

東京大学史料編纂所 編
ISBN978-4-13-093050-5, 発売日:2011年05月中旬, 判型:A5, 344頁

内容紹介

江戸時代中期の武家伝奏日記.本冊には,宝暦10年(1760)5月から同11年(1761)4月までを収める.徳川家重の隠居と家治への将軍宣下,武家伝奏・京都所司代の交替,桃園天皇二宮の伏見宮家相続,吉田・土御門両家よりの寛文・天和の再触れ願など,注目すべき事件が記される.


分野別クイックジャンプ