廣橋兼胤公武御用日記十二 在庫僅少
税込10260円/本体9500円  

» 史料・復刻の「僅少/品切」については、ご注文お受けできる場合がございます。ご面倒ですが小会までお問い合わせください。
» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

東京大学史料編纂所の事業・活動等に関心のある方はこちらからどうぞ。

大日本近世史料
廣橋兼胤公武御用日記十二 寶暦十二年十月―同十三年七月

東京大学史料編纂所 編
ISBN978-4-13-093052-9, 発売日:2015年12月上旬, 判型:A5, 316頁

内容紹介

江戸時代中期の武家伝奏日記.前冊では桃園天皇が崩御し後桜町天皇が践祚したが,本冊ではその代替わり後の諸問題を処理するため,朝幕間で様々な交渉が繰り広げられる.ほかにも,朝鮮通信使の通行と改元の問題,公家社会の風紀の乱れなど,政治史的に興味深い事件が種々記録されている.通巻138.


分野別クイックジャンプ