大日本近世史料 細川家史料二十四 在庫僅少
税込12636円/本体11700円  

» 送料一律230円(大判特別書籍を除く)・代引きでご購入いただけます
» 詳しいご注文方法


他のオンライン書店で購入

アマゾン紀伊國屋BookWebhontoセブンネットショッピングブックサービスe-hon楽天ブックスHonyaClub丸善&ジュンク堂書店

 

大日本近世史料
大日本近世史料 細川家史料二十四 細川忠利文書十七

東京大学史料編纂所 編纂
ISBN978-4-13-093064-2, 発売日:2014年04月下旬, 判型:A5, 394頁

内容紹介

寛永15年(1638)7月20日から11月28日までの熊本城主細川忠利の幕府老中・役人・諸大名等宛書状案342件を翻刻・校注.松倉主従詮議,原城攻参陣牢人帰趨,九州各地の牛疫病死,熊本城修復普請中止,麦作助勢,薪不足,キリシタン禁制への対応,幕府年寄衆の交替人事等を綴る.天草・島原一揆,寛永飢饉,政治史の基本史料.


分野別クイックジャンプ