TOP > 多様性の植物学【全3巻】

多様性の植物学【全3巻】

[シリーズ著者]

岩槻邦男

加藤雅啓

1 植物の世界

〈主要目次〉 1地球植物誌(岩槻邦男)/2日本の植物相(邑田仁)/3熱帯アジアの植物相(永益英敏)/4東アジアの植物相(大橋広好)/5植物地理と種分化(益山樹生)/6島嶼における植物の多様性(伊藤元己)/7植物の分布変遷と多様化(鈴木三男)/8樹木の種分化(河原孝行)/9藻類の多様性(川井浩史)/10送粉様式の多様性(加藤真)

2 植物の系統

〈主要目次〉 1植物の多様性の由来(岩槻邦男)/2植物形態進化を引き起こした遺伝子進化(長谷部光泰)/3形態形成と進化(今市涼子)/4化石と植物の系統(西田治文)/5細胞内共生と系統分化(原慶明)/6接合,減数分裂,異型配偶の進化(市村輝宜)/7コケ植物の進化(秋山弘之)/8緑藻類の多様性と進化(野崎久義)/9地衣類の系統と進化(柏谷博之)/10陸上植物の起源と系統(加藤雅啓)

3 植物の種

〈主要目次〉 1生命系の生を知る(岩槻邦男)/2遺伝子の変異と種多様性(塚谷裕一)/3種内の遺伝的変異と種形成(綿野泰行)/4環境の多様性と種形成(瀬戸口浩彰)/5植物と昆虫の共進化(横山潤)/6熱帯植物の多様化(岡田博)/7植物の形の進化(酒井聡樹)/8植物の性と進化(矢原徹一)/9種の認識と系統解析(村上哲明)/10植物相に及ぼす人為の影響(角野康郎)



編集担当から

 「多様性の植物学[全3巻]」はこれで完結します.「生物多様性」ということばは,いまでは流行語のようになっています.しかし,生物学としての多様性研究については,意外と理解されていないのが現状です.21世紀の生物学における大テーマといわれる生物多様性.このシリーズをとおして,生物学に携わるすべての人たちにその研究の魅力を知ってほしい.それが編者,執筆者,そして編集担当者の心からの願いです(K).

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報