TOP > 20世紀システム【全6巻】

20世紀システム【全6巻】

[シリーズ著者]

東京大学社会科学研究所

1 構想と形成  構想された「世界秩序」と動態

過去一世紀の〈世界〉,すなわち20世紀という「時代」を捉える視点は何か.本巻では,「世界戦争の世紀」が生み出した,構想された「世界秩序」の歴史的前提とその形成過程を多面的に分析し,今世紀の「世界システム」の全体像を照射する.

2 経済成長 I 基軸  持続的成長を支えたシステムの力

システムの維持を可能にした持続的経済成長の要因を,アメリカを中心とした大量生産システム,そしてそれを支えた条件(競争秩序,労使関係,など)といった具体的事例の詳細な検証によって明らかにし,「経済成長の時代」の要諦を示す.

3 経済成長 II 受容と対抗  〈アメリカ〉のインパクトとシステム間の相剋

アメリカを中心に編成された「20世紀システム」.その構成に多大な変化を加えた日本とソ連.本巻は,アメリカがリードする政治・経済環境における両者のダイナミックな変遷を具体的に描き出すことにより,今世紀にアメリカが〈世界〉に与えた影響の大きさを捉える.

4 開発主義  新たなプレイヤーの台頭とそのドラマ

国家や民族の利害を優先し,工業化を通じた経済成長による国力強化を目指して物的人的資源の集中的動員と管理を行う方法である「開発主義」が,冷戦やナショナリズムなどの複雑な要素が絡みあうなか,各地域や国々で,どのようにして生まれ,いかに展開していったのかを解明する.

5 国家の多様性と市場  システムの波及と〈社会〉との軋轢

グローバル化や資本主義経済の内的変化に直面する国家は,さまざまな困難な局面に対峙するとき十分な問題解決能力を保持しているのだろうか.本巻は,冷戦の終焉を経て鮮明になったシステムの危機を,多様な側面で変容を遂げつつある「国家」を手掛かりに解明する.

6 機能と変容  世界システムの揺らぎのなかで

世界システムの揺らぎのなかで--「アメリカの平和」に象徴される「世界秩序」の形成からその動揺への過程を改めて問い直し,世紀末,ヘゲモニーの後退による「揺らぎ」のなか,〈システム〉編成の新たな胎動にふれる.

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報