TOP > フランスとその<外部>

フランスとその<外部>

ISBN978-4-13-003203-2発売日:2004年07月27日判型:A5ページ数:304頁

内容紹介

フランスの内部/外部という区別の自明性を根本から問い直し,共和国・植民地・異文化・移民等々のテーマについて,言語・文学・歴史・宗教などによる多彩なアプローチを試みる.「地域文化研究」という学問の現在の到達点を示す意欲的論集.

主要目次

はじめに(石井洋二郎)
第一部 思考としての<外部> 

触媒としての<外部>――ヨーロッパ的「精髄」の回帰をめぐって(鈴木啓二)
フランスの歴史家と「ドイツ」――ミシュレとマルク・ブロックをめぐって(池上俊一) 
「抵抗」するフランス――精神分析の言語論的展開への道(原 和之) 
68年5月,ダカール――共和政体の翻訳論(真島一郎)

第二部 運動としての<外部>

開かれた国家理念が秘める閉鎖機構――フランス同化主義をめぐって(小坂井敏晶)
「持たざる者の運動」と自己表象のアート(稲葉奈々子)
シャルダンの「つましい望み」とムスリム少女のスカーフ――国家の宗教と個人の信仰(羽田 正)
暴力のエコノミー――新しいアメリカの世紀とその地平(増田一夫)

第三部 距離としての<外部>

「フランス」の肌の傷――フランツ・ファノン『黒い肌膚、白い仮面』を読む(管 啓次郎)
王国から植民地へ――マダガスカル、首都アンタナナリヴの変貌(森山 工)
不在の母語――モンテビデオ人としてのロートレアモン(石井洋二郎)
「アーリアの叡智」を求めて――ロティ/1900年/インド(工藤庸子)

おわりに(工藤庸子)

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座