TOP > 科学技術社会論の技法

科学技術社会論の技法

ISBN978-4-13-003204-9発売日:2005年11月17日判型:A5ページ数:288頁

内容紹介

BSE,薬害エイズ,Winny事件――環境,食糧,医療,災害,情報など,様々な分野で科学/技術と社会との接点にある問題の調停が求められている現在,境界領域の問題を扱うSTSの役割は大きい.その具体的事例から方法論・思想までをまとめた,初のテキスト.

主要目次

I 事例分析
1 水俣病事例における行政とメディアの相互作用――杉山滋郎
2 イタイイタイ病問題解決にみる専門家と市民の役割――梶 雅範
3 もんじゅ訴訟からみた日本の原子力問題――小林傳司
4 薬害エイズ問題のSTS的分析にむけて――廣野喜幸
5 BSE/牛海綿状脳症/狂牛病にみる日本の食品問題――神里達博
6 遺伝子組換え食品規制のリスクガバナンス――平川秀幸
7 医療廃棄物をめぐる攻防――松原克志
8 地球温暖化問題と不確実性――宗像慎太郎・塚原東吾
9 最先端技術と法:Winny事件から――調麻佐志
II 解題:Advanced-Studiesのために――藤垣裕子
III アプローチの流れ
IV 用語解説
基礎文献/索引

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報