TOP > 多体電子論1 強磁性

多体電子論1 強磁性

ISBN978-4-13-060602-8発売日:1998年12月17日判型:A5ページ数:192頁

内容紹介

多体効果によって現れる強磁性,特に電子が動き得る場合の遍歴強磁性の問題を中心に解説.固体物理学の観点から説明するだけではなく,量子力学や有機物質などの化学との接点も強調し,理論はもちろん,実際の強磁性体をいかに理解できるか,という点についても触れる.

主要目次

まえがき
第1章 金属強磁性
第2章 単一バンド・ハバード模型
第3章 平坦バンド強磁性
第4章 多バンド・ハバード模型での強磁性
付録

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座