TOP > 経済地理学

経済地理学

立地・地域・都市の理論

ISBN978-4-13-040226-2発売日:2006年10月16日判型:A5ページ数:352頁

内容紹介

グローバル化の進展や地域間格差の発生などに見られるように,経済を地理的な視点から捉える重要性が増してきている.本書では古典的な理論から最近の議論までを丁寧に追いながら,消費や生産といった経済現象を空間的な側面から解き明かす理論を提示する.

主要目次

序 章 経済地理学の系譜と課題
第I部 立地の理論
第1章 立地論の基礎
第2章 寡占企業の立地論
第3章 多国籍企業の立地論
第4章 現代産業集積の理論
第II部 地域の理論
第5章 地域論の基礎
第6章 産業構造のダイナミズムと経済地域の再編成
第7章 グローバリゼーションと地域経済
第8章 新産業空間論と新産業地域論
第III部 都市の理論
第9章 都市論の基礎
第10章 現代都市空間の生産と都市地代論
第11章 世界都市の理論
第12章 都市集積の理論
終 章 地域政策の理論

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報