TOP > 地震予知の科学

地震予知の科学

ISBN978-4-13-063706-0発売日:2007年05月14日判型:四六ページ数:246頁

内容紹介

世間では「地震予知などできるわけがない」という批判がある一方で,非科学的な「地震雲」などの地震予知がマスコミに好んで取り上げられる.しかし,地震予知研究は最近の10年間で実に多くの成果を出しているのだ.最も科学的,かつ最先端の成果をわかりやすく解説した決定版.

主要目次

1 地震の発生をあらかじめ知るとは
なぜ人は雲を見ると地震を予知したくなるのか/地震予知とは何か/長期予知と場所・規模の予知
2 これまで何が行われてきたか
日本の地震予知研究の歴史/過去の例、海外での例
3 この10年で何が明らかになってきたのか
「ぺったり」と「ずるずる」地震を起こす場所はどちら?――アスペリティの発見/地震を起こさないゆっくりすべり/コンピュータの中で地震を起こす――シミュレーション/研究の進歩を支えた種々の観測網/プレート境界型地震の中期予知の実現に向けて
4 地震を予知することの今
東海地域で何が行われているのか/東海地域で見えてきたゆっくりすべり/東海地域の予知ができるとは――科学から社会へ/緊急地震速報という試み――科学を防災に用いるということ①/津波予報、その世界に冠たる技術――科学を防災に用いるということ②
5 地震予知のこれから
地震予知のこれから/地震予知の新兵器/海外での新しい地震予知研究の流れ/地震予知と社会/再び地震予知とは?

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座