TOP > 法思想史講義 上

法思想史講義 上

古典古代から宗教改革期まで

ISBN978-4-13-032340-6発売日:2007年10月01日判型:A5ページ数:336頁

内容紹介

「近代法」生成の地である西洋の法思想を,古代から現在まで通観した決定版テキスト.上巻は古典古代から宗教改革期までを論じる.プラトン,アリストテレス,イエス・キリスト,トマス・アクィナス,マキアヴェリ,ルターなど,重要な思想家と彼らが生きた時代・社会を鮮明に描き出す.

主要目次

第1部 古代
1 古代ギリシア
「自由」/法と法観念/法・政治の思想/まとめ
2 古代ローマ
ローマ的「自由」/法と法観念
3 原始キリスト教
イエス/使徒たち
第2部 中世
4 古ゲルマン時代以来
5 中世中期以降
封建制/コンミューン運動/中世と女性/キリスト教の運動と思想/抵抗権思想/法学・法実務
第3部 ルネッサンスと宗教改革
6 イタリア = ルネッサンス 
ルネッサンス期人文主義/共和制と共和主義思想/マキアヴェリ/ルネッサンスと女性
7 宗教改革
ルター/カルヴァン/プロテスタントと抵抗権
8 魔女狩り・魔女裁判
魔女狩り・魔女裁判とは何か/魔女裁判の態様/異端の追及/魔女の追及/魔女狩りの克服/魔女裁判をめぐる省察

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報