TOP > 植民地期朝鮮の国民経済計算

植民地期朝鮮の国民経済計算

1910-1945

ISBN978-4-13-046096-5発売日:2008年04月10日判型:A5ページ数:656頁

内容紹介

植民地期の朝鮮経済はいかなる変化があったのか.本書は国際連合が勧告する国民経済計算(SNA)に基づいて長期統計を整備・推進し,現在の韓国経済と連結する具体的な数値でその実態を分析する.植民地期の歴史的展開のみならず国際比較・長期動向の研究を可能とする体系的実証研究.

主要目次

第1部 推計と分析
 第1章 推計作業の概要(金洛年)
 第2章 農業(朴ソプ)
 第3章 林業・水産業(李宇衍・宋慶殷)
 第4章 鉱業・製造業(朴基炷)
 第5章 電気・ガス・水道と輸送・倉庫および通信業(朴基炷・朴二澤)
 第6章 卸小売および飲食・宿泊業(朴二澤)
 第7章 金融その他サービス業(朱益鍾)
 第8章 政府部門(金載昊)
 第9章 民間消費支出(朱益鍾)
 第10章 資本形成(朴二澤・金洛年)
 第11章 対外収支(堀和生・金洛年・朴基炷)
 第12章 国民経済計算(金洛年)
 第13章 経済成長・所得分配・構造変化(車明洙)
第2部 統計
 統計表I 国民経済計算
 統計表II 主要統計
参考文献
索引

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座