TOP > 21世紀の統計科学II

21世紀の統計科学II

自然・生物・健康の統計科学

ISBN978-4-13-044082-0発売日:2008年07月17日判型:A5ページ数:384頁

内容紹介

地震・災害・環境・生命・薬剤など,自然と人間の営みに潜むリスクの発見と予測に,統計科学がどのような貢献ができるか,また,日々進展する多様な研究の基礎をいかに統計科学が支えているかを,応用研究の最新動向も含め丁寧に解説する.

主要目次

はしがき
第I部 自然・工学と統計科学
第1章 地震活動の統計科学(尾形良彦)
第2章 予測と発見を目指す統計科学(北川源四郎)
第3章 生存時間・再発事象分析(鎌倉稔成)
第4章 極限理論、信頼性、リスク管理(渋谷政昭・高橋倫也)
第II部 生物・健康と統計科学
第5章 分子進化の統計科学(岸野洋久)
第6章 生命システムネットワークを明らかにするための統計的モデリング(井元清哉)
第7章 統計科学と健康科学の相互寄与(吉村 功)
第III部 自然・工学・生物における統計数理の展開
第8章 時空間統計解析の理論と応用(矢島美寛)
第9章 正定値カーネルによる統計的推論の方法(福水健次)
第10章 グラフマイニングとその統計的モデリングへの応用(鷲尾 隆)
第11章 QTL解析の統計モデルと検定の多重性調整(栗木 哲)
あとがき

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報