TOP > 政治の美学

政治の美学

権力と表象

ISBN978-4-13-010109-7発売日:2008年12月16日判型:A5ページ数:624頁

内容紹介

政治的暴力が美化される情動の論理を,芸術や学問と政治が交差する領域において探求する表象文化論のスリリングな実践.政治的情動と官能的な美が共犯関係を結ぶ過程を,テクスト分析・イメージ分析によって探る.時代論,政体論,結社論,表象論の四部構成.

主要目次


I 一九七〇年代のナチ・テロル・ロック――時代論
序 「ファシズムの美学」再考
第1章 キッチュな黙示録
第2章 白い恐怖、赤い亡霊
第3章 自殺するロックンロール
II 権力の身体――政体論
序 権力の三つの身体
第1章 ギリシア幻想の身体
第2章 レヴィヤタン解剖
第3章 子午線のデザイン
第4章 「英霊」の政治神学
III 男たちの秘密――結社論
序 男性結社のエロス
第1章 主権の秘密
第2章 戦士の到来
第3章 亡命者たちの山
IV 建築と政体――表象論
序 建築空間の政治学
第1章 近代というナルシス
第2章 小国民の建築
第3章 ファシズムの表象
第4章「どうしようもないもの」との葛藤
エピローグ
註/跋/附録/年表/書誌・フィルモグラフィ・ディスコグラフィ/図版一覧/人名索引/事項索引

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座