TOP > 明治地方自治体制の起源

明治地方自治体制の起源

近世社会の危機と制度変容

ISBN978-4-13-026219-4発売日:2009年02月16日判型:A5ページ数:448頁

内容紹介

近世後期から明治初年にいたる備荒貯蓄・勧業などの新政策の変遷によって諸個人と権力との関係がいかに生み出され,地方自治体制が成立したのか.身分制社会が直面したヘゲモニー危機に対する試行錯誤が生成した変革の主体をあぶり出し,近世・近代移行期における政治権力の本質を解明する.

主要目次

序 章 移行期研究の視座と制度変容
第I部 近世身分制社会におけるヘゲモニー危機
第一章 「組合村」から「大区小区制」へ
第二章 備荒貯蓄と村
第三章 勧業資金と蚕糸業
第II部 近代的地方制度の形成
第四章 連合戸長役場から「行政村」へ
第五章 備荒貯蓄と府県会
第六章 地方税と道路
終 章 近代社会における制度と権力

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報