TOP > 火山爆発に迫る

火山爆発に迫る

噴火メカニズムの解明と火山災害の軽減

ISBN978-4-13-060753-7発売日:2009年02月16日判型:A5ページ数:240頁

内容紹介

なぜ爆発的な噴火が起きるのか――噴火現象を支配する原理の解明を目指して進められてきた,火口近傍の精密観測,現象の素過程を理解するための室内・野外実験,総合的な数値シミュレーション,そして予測を防災につなげる工夫などの最新研究成果を解説し,今後の火山研究が進むべき方向性を俯瞰する.

主要目次

まえがき(井田・谷口)
第1章 観測から火山を知る
1 火山の構造と噴火(田中良和・井田)/2 火山観測によるマグマの動態の把握(西村太志)/3 遠隔火山ガス観測(平林順一)/4 新しい観測機器の開発(谷口・後藤章夫・市原美恵・山田功夫)/5 噴火過程のモデル(井口正人)
第2章 実験から噴火のメカニズムを探る
1 噴火の素過程(谷口・中村美千彦)/2 揮発性成分の発泡(寅丸敦志)/3 マグマからの脱ガス(中村美)/4 マグマの破砕(亀田正治・市原)/5 火山爆発のスケール則(谷口・市原・後藤)
第3章 噴火現象のシミュレーション
1 噴火現象の数値シミュレーション(井田)/2 マグマの上昇過程(井田)/3 溶岩流(宮本英昭)/4 噴煙と火砕流(小屋口剛博・鈴木雄治郎)/5 火山性爆風(齋藤 務)/6 火山性津波(今村文彦・前野 深)
第4章 火山災害の予測と軽減
1 噴火予知と火山防災(井田)/2 火山ハザードマップと火山防災(中村洋一)/3 予知と防災の情報戦略(小山真人・吉川肇子・中橋徹也・伊藤英之・林信太郎・前嶋美紀)/4 火山防災の方策(林・伊藤)
索引

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報