TOP > 付加体と巨大地震発生帯

付加体と巨大地震発生帯

南海地震の解明に向けて

ISBN978-4-13-066709-8発売日:2009年08月18日判型:A5ページ数:292頁

内容紹介

なぜ付加体があるところで巨大地震が発生するのか? 地球深部探査船「ちきゅう」により,いよいよ始まった「南海トラフ地震発生帯掘削計画」.その背景となる研究成果を集大成し,次世代に向けて残された課題と今後の展望を提示する.

主要目次

はじめに
序 世界の沈み込み帯と付加体
 沈み込み帯の分類と沈み込みパラメター
 付加作用と造構性浸食作用
 沈み込み帯海溝域掘削の歴史
1 地球物理学的観測から見た南海トラフ地震発生帯
 南海トラフ巨大地震
 南海トラフ地震発生の場
 南海トラフ地震発生帯の固着域とその周辺の動的現象
2 南海付加体の海底観察・観測
 地形と地質から見た南海付加体の現行地質過程
 付加体内流体移動と流体の起源
 海底谷観察による南海付加体
 南海付加体の温度構造と地震発生帯
 南海付加体の水理観測
3 南海付加体と四万十付加体
 南海トラフ付加体――特にデコルマについて
 四万十付加体
 四万十付加体に見る地震発生断層と断層岩
 南海付加体の地震断層の描像
 1999年台湾集集地震を解析する
4 付加体の理論と地震発生帯
 付加体形成の古典的モデル
 付加体形成の水理学モデル
 付加体形成と地震発生サイクル
5 観察・観測から予測へ
 ODPの掘削孔観測研究
 近未来の観測研究と南海トラフ掘削孔モニタリング
おわりに
文献・索引

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報