TOP > 日中歴史認識

日中歴史認識

「田中上奏文」をめぐる相剋 1927-2010

ISBN978-4-13-023059-9発売日:2010年02月18日判型:四六ページ数:360頁

内容紹介

日中歴史共同研究報告書の執筆者が贈る,日中問題の総決算――日本版『我が闘争』として知られ,時代の荒波に翻弄された怪文書「田中上奏文」を主題に,今日に至るまでの日中関係と歴史認識問題の全体像を描く.蒋介石,ローズヴェルト,トロツキー,松岡洋右,そして戦後の東京裁判・国際検察局,フルシチョフ,江沢民など,多彩な人物が繰り広げる群像劇を通じ,歴史の真相と本質に迫る.

主要目次

序 章 「田中上奏文」とは何か
第一章 昭和初期の日中関係――1927-1931
一 「田中上奏文」の起源――東方会議前後/二 「田中上奏文」の流通/ 三 駐華日本公使館と国民政府外交部/四 中国東北の排日運動
第二章 満州事変後の日中宣伝外交――1931-1937
一 満州事変/二 中国国民党と反日宣伝/三 上海事変と「田中上奏文」の流布/四 リットン調査団と日中論戦/五 リットン報告書と日中「協力」/六 国際連盟――松岡洋右・顧維鈞論争
第三章 情報戦としての日中戦争、太平洋戦争――1937-1945
一 日中開戦前後の宣伝/二 「田中上奏文」をめぐる情報戦/三 太平洋戦争におけるラジオと映画
第四章 日本占領と東京裁判――1945-1951
一 占領統治と「田中上奏文」の残像/二 国際検察局と日本外務省/ 三 東京裁判の迷走
第五章 冷戦と歴史問題――1951-1989
一 台湾――中国国民党と国府/二 冷戦下の「田中上奏文」/三 歴史問題の顕在化
第六章 歴史問題の再燃と日中歴史共同研究――1989-2010
一 天皇訪中前後――歴史問題の沈静化/二 歴史問題の再燃――江沢民訪日後/三 反日デモから日中歴史共同研究へ/四 「田中上奏文」問題の行方
終 章 日中関係と歴史認識
読書案内――歴史認識問題

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報