TOP > 大衆化とメリトクラシー

大衆化とメリトクラシー

教育選抜をめぐる試験と推薦のパラドクス

ISBN978-4-13-056220-1発売日:2011年03月17日判型:A5ページ数:256頁

内容紹介

戦後の教育をめぐる議論では,入学試験の競争の激化が前提とされてきた.しかしその背後で,試験とは異質なはずの選抜制度――推薦入学――が着実に普及してきている.それはいったいなぜなのか.歴史的考察と現状分析から,日本のメリトクラシーの特性を解き明かす.

主要目次

序章 現代の教育と選抜をどうとらえるか
1章 再帰的メリトクラシーの社会
2章 選抜の文明史――推薦から試験へ
3章 教育の大衆化と推薦入学――マス選抜の成立史
4章 教育の大衆化と偏差値――もうひとつのマス選抜装置
5章 入試多様化と現代――マス選抜の遍在傾向の分析
6章 非進学校からの大学進学――マス選抜制度の機能
7章 四大シフト現象の内部過程――マス選抜のプロセス
終章 後期近代における教育と選抜

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報