TOP > つながる図書館・博物館・文書館

つながる図書館・博物館・文書館

デジタル化時代の知の基盤づくりへ

ISBN978-4-13-001006-1発売日:2011年05月18日判型:A5ページ数:280頁

内容紹介

デジタル技術の進展により新たな形で浮上してきた「館」の共通性.デジタルコンテンツの共有,公共的な知識インフラ整備,そしてその基盤となる人材の育成など,「館」連携の重要性が高まる現在,私たちは何をすべきなのか.大学から発信する具体的提言.

主要目次

序 章 図書館、博物館、文書館――その共通基盤と差異(根本 彰)
第I部 MLAとは何か
第1章 図書館は何を守ろうとしてきたか(根本 彰)
第2章 ユニヴァーシティ・ミュージアム――博物館工学と複合教育プログラム(西野嘉章)
第3章 文書館と史資料の活用――運営者の視点と利用者の視点から(横山伊徳・吉見俊哉)
第II部 MLA連携を考える
第4章 高句麗古墳壁画の模写資料(早乙女雅博)
第5章 デジタルアーカイブから知識化複合体へ――三基盤からとらえるデジタルア    ーカイブとその深化(馬場 章・研谷紀夫)
第6章 学術活動支援のための知の構造化(石川徹也)
第7章 文化資源学の立場からの提言(佐藤健二)
第III部 課題と提言――MLAの共通基盤整備(石川徹也・根本 彰・吉見俊哉)

関連書

●書籍検索

●ジャンル

シリーズ・講座

●最新情報